テーマ:写真

麦の秋今老旬の真っ直中

☆ そのまんま575で交心39201 ――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪―― 麦の秋今老旬の真っ直中 ――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――  > 麦秋のまつ只中を八高線      楪  面白い機関車のようですね。  マニアがいっぱい。  シニアのマニアははに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

命即愛を生きるよ酔芙蓉

★ 瘋癲老仁妄詩 34002 ――☆★☆―――――――――――――――☆★☆―― 命即愛を生きるよ酔芙蓉 ――☆★☆―――――――――――――――☆★☆―― ★★★ 『 酔芙蓉至福の今を歓喜する 』 ★ 瘋癲老仁妄詩 34001 へどうぞ!!! ♪♪♪ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もじずりや今も幻影追うてをる

「螺旋の花 ~ネジバナ~」について  はじめまして、青柳仁といいます。  河原のねじ花の楚々として気高い姿を見せてくださってありがとうございます。  仁がはじめてねじ花に出会ったのも筑後川の河原でしたから、ずいぶん懐かしく想い出しました。  まだ、熱い心を持っていた頃でしたから、  あのねじ花の淡いピンク色にも、螺旋のよ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

みちのくのねじ花くのじくのじかな

★ ネット吟行 07401  ――☆★☆―――――――――――――――☆★☆―― みちのくのねじ花くのじくのじかな ――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――  花呼さんの 『 刈る草や 一本残せ ねじり花 』 をネット吟行してきました。 ねじ花もねじ花前線があるのかもしれま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝顔や恍惚仁を遊びけり

★ 瘋癲老仁妄詩 33601 ――☆★☆―――――――――――――――☆★☆―― 朝顔や恍惚仁を遊びけり ――☆★☆―――――――――――――――☆★☆―― 〇-----*****************************************…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

梅雨の闇壁に異時空拓くべし

★ 瘋癲老仁妄詩 33101  ――☆★☆―――――――――――――――☆★☆―― 梅雨の闇壁に異時空拓くべし ――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――   〇-----******************…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

陸奥の夏めく木漏れ日の山路

★ 交心俳句 02802  ――☆★☆―――――――――――――――☆★☆―― 陸奥の夏めく木漏れ日の山路 ――☆★☆―――――――――――――――☆★☆―― ★★★ 『 いわ清水あい風あい語たゆたひぬ 』 ★ 交心俳句 02801 へどうぞ!!! ♪♪♪   …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

尾根を越え念い伝えよ時鳥

  ★ 交心俳句 01001  ――☆★☆―――――――――――――――☆★☆―― 尾根を越え念い伝えよ時鳥 ――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――  花呼さんより、 『 立浪草所も人も選ばざる  』  に良寛さんの歌を送ってもらいました。  花呼さん、早朝のあい風あり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

しあわせやこころにみどりの風がふく

  ★ 交心俳句 00701  ――☆★☆―――――――――――――――☆★☆―― しあわせやこころにみどりの風がふく ――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――  花呼さんより、 『 杜鵑山を動かすマオもゐる 』 へ、良寛さんの歌を寄せていただきました。  花呼さん、いつも、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

只管に蛍袋に願送る

  ★ 絵手紙 00402z01 ――♪☆◆♪―――――――――――――♪◆☆♪―― 只管に蛍袋に願送る ――♪☆◆♪―――――――――――――♪◆☆♪――  花人さんより 『 緋扇の姫と呼ばるヽ寂しさよ 』 にコメントいただきました。  花人さん、いつもありがとうございます。 {%虹web…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

かたくりの原生林を愛呼ゆく

   ★ 愛呼飛翔 100701 ――☆★☆―――――――――――――――☆★☆―― かたくりの原生林を愛呼ゆく ――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――  久しぶりに、愛呼の飛翔に乗って、  空を飛びました。  高く、高く、空気が薄くなるところまで、飛びました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

残るものなくてさびしき散るさくら

  ★ 瘋癲老仁妄詩 31601 ――☆★☆―――――――――――――――☆★☆―― 残るものなくてさびしき散るさくら ――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――  老仁は、今、ひとり遊びの中に埋没してしまっていますけれど、  仁も、散り際が、潔くないと、わだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パッションの白木蓮を突きぬける

★ ネット吟行 04202  ――☆★☆―――――――――――――――☆★☆―― パッションの白木蓮を突きぬける ――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――  『 汚れなき束の間畏る白木蓮 』 に、のぅさんから、コメントもらいました。  良寛さんと貞心尼さんの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

風薫る空を絆が流れているよ

 ★ 瘋癲老仁妄詩 10505 ――☆★☆―――――――――――――――☆★☆―― 風薫る空を絆が流れているよ ――☆★☆―――――――――――――――☆★☆―― ☆☆☆ 『 痛みと一緒に愛を生きていく 』   by みゅぅ へどうぞ!!! ♪♪♪  絆は、心の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美しき心に逢いぬ春を翔ぶ

 ★ 瘋癲老仁妄詩 30801 ――☆★☆―――――――――――――――☆★☆―― 美しき心に逢いぬ春を翔ぶ ――☆★☆―――――――――――――――☆★☆―― ★★★ 『 愛ぐるい生ぐるい今花ぐるい 』 ★ 瘋癲老仁妄詩 30605 へどうぞ!!! ♪♪♪   …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生ぐるい花ぐるい今愛ぐるい

 ★ 瘋癲老仁妄詩 30606 ――☆★☆―――――――――――――――☆★☆―― 生ぐるい花ぐるい今愛ぐるい ――☆★☆―――――――――――――――☆★☆―― ★★★ 『 愛ぐるい生ぐるい今花ぐるい 』 ★ 瘋癲老仁妄詩 30605 ♪♪♪  へ、ナズナさんの、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地を這うて見つけし花よ春の雷

★ 写真俳句 0800601 ――☆★☆―――――――――――――――☆★☆―― 地を這うて見つけし花よ春の雷 ――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――  <探検しよう? 同じ場所で。だけど少し離れた場所で。 あの子は右から。私は左から。 ひとりだけどひとりぢゃ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雪の道忍ぶ心を運びかぬ

 ★ 瘋癲老仁妄詩 14202 ――☆★☆―――――――――――――――☆★☆―― 雪の道忍ぶ心を運びかぬ ――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――  正月の、ちらちら雪以来、ちっごはまだ雪が降りません。  雪も降らないのに、雪の句を詠んでいます。  妄…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

躓いて踏み倒したる仏の座

   ★ 瘋癲老仁妄詩 13406 ――☆★☆―――――――――――――――☆★☆―― 躓いて踏み倒したる仏の座 ――☆★☆―――――――――――――――☆★☆―― ★★★ 『 真ん中を生きるが故に愛不仁敵も味方も心赦しぬ 』 ★ 瘋癲老仁妄詩 13405 へどうぞ!!! …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

親しさや冬の素顔の明日香川

 ★ 瘋癲老仁妄詩 12502 ――☆★☆―――――――――――――――☆★☆―― 親しさや冬の素顔の明日香川 ――☆★☆―――――――――――――――☆★☆―― 明日香川も、冬には、こんなに涸れてしまうんだ、  そう、体感しました。  かってのハイテクの都として…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

再びの夢起こりえず春待つも

 ★ 瘋癲老仁妄詩 12202 ――☆★☆―――――――――――――――☆★☆―― 再びの夢起こりえず春待つも ――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――  ほんとうに起こりえぬ夢のような出来事が起こるものですね。  それは起こっても、別に、そう、大したことでもない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゆるやかに秋の如くにゆるやかに

★ 瘋癲老仁妄詩 11903 ――☆★☆―――――――――――――――☆★☆―― ゆるやかに秋の如くにゆるやかに ――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――  秋は凋落といいますけれど、  命には、闘争の後の、成就の時。  成熟なんでしょうね。  闘争の中で、育…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愛呼は今龍脈の尾の谷に居る

★ 瘋癲老仁妄詩 3101 ――☆★☆―――――――――――――――☆★☆―― 愛呼は今龍脈の尾の谷に居る ――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――  酔芙蓉から誕生した愛呼がいました。  そして、あっという間に成長して、  今では、もう、いい青年なんです。  妖…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

待つを知る鷺の尊し暮れの秋

★ 瘋癲老仁妄詩 11404 ――☆★☆―――――――――――――――☆★☆―― 待つを知る鷺の尊し暮れの秋 ――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――  待つ身はつらく、苦しいことが多いですね。    性急に求めたり、  投げやりになったり、  拘りすぎ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

追いすがる我の在りけり秋の行く

   ★ 瘋癲老仁妄詩 11401 ――☆★☆―――――――――――――――☆★☆―― 追いすがる我も在りけり秋の行く ――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――  校庭の桜も、  さくら紅葉をはらはら落として、  冬木立のなりを見せはじめています。  今年は、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紅葉の渓谷ただに鎮もりぬ

  ★ ネット吟行 014 ――☆★☆―――――――――――――――☆★☆―― 紅葉の渓谷ただに鎮もりぬ ――☆★☆―――――――――――――――☆★☆―― ☆☆☆ 花人さんの 『 もう何年も古里に帰っていない 』をネット吟行してきました。 ♭♭♭   古里がどこなのか、まだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

木香観音霧の中より現れる

 ★ 瘋癲老仁妄詩 10402 ――☆★☆―――――――――――――――☆★☆―― 木香観音霧の中より現れる ――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――  傷心に暮れるということは  きっと心や魂が叫んでいることなんでしょうね。  きっと心や魂が癒しを求めているこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋の暮れ淵に『欲望』立ち上がる

★ 瘋癲老仁妄詩 10204 ――☆★☆―――――――――――――――☆★☆―― 秋の暮れ淵に『欲望』立ち上がる ――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――  秋の夕暮れは、やっぱり、物思いに耽るものなんですね。  この楽天仁が、しみじみ、なんです。  空っぽで、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋の陽に玄牝の門潜りけり

  ★ ネット吟行 008 ――☆★☆―――――――――――――――☆★☆―― 秋の陽に玄牝の門潜りけり ――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――  まゆさんの句の世界をネット吟行させてもらいました。 ☆☆☆ 『 リアル 』 ♭♭♭ ★★★ 『 秋の陽に玄牝の門潜りけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more