アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「良寛」のブログ記事

みんなの「良寛」ブログ


フォト575『 杜若汝が面目を恋忍ぶ 』rk0602

2016/12/06 23:02

★ 。・。・゜♪゜・。・。★ フォト旅日記 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★







画像














★ フォト旅日記rk0602

――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――

     杜若汝が面目を恋忍ぶ

――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――








★★★ フォト旅日記rk0602『 杜若汝が面目を恋忍ぶ 』 へどうぞ!!! ★★★



 





★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★


記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


『 青田風吹きのぼりくる円き山 』めぐり逢い良寛さんzr1001sr10

2015/08/10 21:32

★ 。・。・゜♪゜・。・。★ めぐり逢い良寛さん ★ 。・。・゜♪゜・。・。★






画像






☆ ご協力お願いします。


写真俳句 ブログランキングへ

☆ ありがとうございます。






★ めぐり逢い良寛さんzr1001sr10

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――


青田風吹きのぼりくる円き山

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――





 雪呼さんより、 『 赤とんぼ生まれ変わりの吾かと思う 』 に良寛さんの詩歌を寄せてもらいました。



 ≫ 仁さん、おはようございます。

 今日の新聞、良寛さまの歌。


 。。。 「波の音 聞かじと山へ 入りぬれば また色かへて 松風の音」


 空しく繰り返す波の音を避け、山中に身を置いたけれど、
 松風の音がその趣を変えただけで、更に侘びしい思いを誘う。
 「遁世(とんせい)之際」の詞書。ゆらぎの心模様が伝わってくる。   。。。(全国良寛会)



 昨夜は地震もあったり、強い雨が降ったりして心配でしたが、
 疲れてしまって・・・早く休んで充電しました。
 まだ、ボーっとしていますε-(´・`) フー
 世の中は災害や悲しい事故、事件、訃報・・・切ないですね。
 やらなければならないことが沢山、これから掃除で〜す。   ≫   雪呼





 雪呼さん、今日もあい風ありがとう。
 昨日は強い地震があったのですか。
 怖さが伝わってきます。でも、眠れて、よかった。
 ほんとうに人の世はいろいろのこと起こりますね。生きていくということはそういうことひとつひとつを受け容れ、乗り超えていくということなんでしょうね。


 今夜は、蒸し暑いですけれど、もう、虫の声でいっぱいです。



 今日は、朝から火美呼とデートで、久しぶりに光パワーを充填してきました。
 高良山から筑後川を見下ろして、英気もいっぱい吸収してきました。



 青田風吹きのぼりくる円き山   仁


 秘めしゆかりの神奈備の山





★ 良寛歌0zr10sr10

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――


波の音聞かじと山へ入りぬればまた色かへて松風の音

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――



 海の音が聞きたくなって、
 山を登ってみたが
 風音の音色が変わって
 松風の音がするだけだよ。
 自分の身辺のものを愛おしむだけで十分なんだね。



 善くも悪くも今が一番いいんだよ。
 ここがいちばんいいんだよ。
 不満を持てば、きりがない。
 欲を持てば、きりがない。
 さぁ、今とここを、味わおうよ。





☆☆☆ 『 風に揺れ稲穂の頭垂れはじめ 』 へどうぞ!!! ☆☆☆




 朝、雪呼さんの日記をネット吟行しました。

 穂波がうつくしい。
 人の営みの美しさなのでしょうね。
 いい朝をもらえました。



 稲穂波昨日を大事にする心   仁


 日に日に変わる命の模様



 今まで明後日の方ばかり向いてきましたけれど、
 すこし、昨日を向くようになってきているのに気づきました。
 昨日が今日になってもいいと思えるようになってきたのでしょう。



山に行けば、山の松風の音。
 変化ばかりを追い求めず、今とここを、
 あるがまんまに楽しめるんだと思えるようになってきたのでしょう。
 今とここの中に、かぎりない変化があるんですね。
 今とここの中に、かぎりない不思議があるんですね。
 命は、今とここの中に、豊かに変化して、充分に燃焼するんです。





★★★ 交心俳句472−02『 赤とんぼ生まれ変わりの吾かと思う 』 への交心です。 ★★★
♪♪♪ http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1250326947&owner_id=4521611





 愛おしやきのうもきょうも酔芙蓉   旅仁


 その息づかい見飽きぬものぞ



 酔芙蓉和して寛ぐひと在らめ   旅仁


 ひとに求めるものに在らずや





★ めぐり逢い良寛さんsr1012

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――



愛おしやきのうもきょうも酔芙蓉


――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――







★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




★★★ 言葉あそび575交心zr0203『 君の幻る光の国を翔けよ夏 』sr03 へどうぞ!!! ★★★



★★★ 優游575交心ss2708『 ピカドンを招き入るゝな遠花火 』 へどうぞ!!! ★★★





★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★


記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


『 おもしろや雨脚踊るもどり梅雨 』めぐり逢い良寛さんzs1902ss18

2015/07/20 21:38
★ 。・。・゜♪゜・。・。★ めぐり逢い良寛さん ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




画像





☆ ご協力お願いします。


散文 ブログランキングへ

☆ ありがとうございます。






★ めぐり逢い良寛さんzs1901ss18

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――


おもしろや雨脚踊るもどり梅雨

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――





 雪呼さんより、 『 憂きことも遮断したまえ返り梅雨 』 に良寛さんの詩歌を寄せてもらいました。
 雪呼さん、いつもあい風ありがとうございます。

 お湿りも来ず、今朝は蒸し蒸しの大暑暑ですよ。
 越後も大暑暑ですか。



 ≫ 仁さん、おはようございます。

 今日の新聞、良寛さまの歌。


 。。。「木の間より 角田の沖を 見渡せば 海人(あま)の焚く火の 見え隠れつつ」
 木々の間から角田浜の沖を見渡すと、遠く漁師の漁火が見え隠れしている。
明滅する光の中に、どのような深い過去の歴史を想起されているだろう。
齢(よわい)70歳の作か。   。。。(全国良寛会)



 娘の病室に99歳のおばあちゃんがいます。
 「すみませ〜ん、すみませ〜ん」と呼ぶので傍に行って聞くと「おトイレに行きたい」
 ボタンを押して看護士さんを呼んで「すぐに来てくれますよ」と言いふとんを外していると、
 「ありがとうございます」 車いすに乗せて貰ってトイレに行きます。
 「ご厄介をかけます」「ありがとうね〜」 相手の年齢によって言葉を使い分けて、
常に感謝の言葉を口癖のように言っています。
 「こんなになっても生きてなくちゃならない、切ないです・・・早う死にたい」 
 生きるって切ないですね。
 でも、このおばあちゃんが病室にいてくれて私たち親娘は学ばせて貰っています。   ≫   雪呼



 大暑暑の中で、涼しいいいお話をありがとう。
 99才白寿のおばあちゃん、お元気なんですね。心配りがうれしくなります。そして謙虚に生きていく喜びも失わずに。
 先日叔母が亡くなりましたけれど、姉叔母の方が、自分が先に逝くべきだったと泣くんです。90才。まだ好奇心旺盛。楽しみを知っています。植物人間になってでも、傍に生きているだけで、身内は嬉しいもんだよ、という話をしました。家の義母は92才。まだドライブについてきて、喜ぶんですよ。仁より長生きするかもしれません。


 長生きの人が、なお喜んで生きていけるような世の中はいいですね。


 たくさんの学びをもらってくださいね。
 お嬢にとっては、またとない学びのチャンスですね。おばあちゃん早くに亡くして、おばあちゃんを偲ぶ時間にもなりましたね。



 病棟にふりそそぎけり夏の星   仁


 幸も不幸も等しく照らす



大暑の中、ごてねどかしにならぬ程度にごてづくりしてきます。
 ゴーヤがけっこう生りはじめました。
 待ちに待っている茗荷が一本花芽を出しました。





★ 良寛歌0929zs19ss18

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――

木の間より角田の沖を見渡せば海人の焚く火の沖に並み見ゆ

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――






 こうして木々の間から角田浜の海を眺めていると漁師さんたちが燃やしている漁り火が遠くに幾つも並んで見えるよ。はかなく揺れるその漁り火が切ないねえ。



 良寛さんが角田浜を訪れる折りは、よく、長谷川四郎次家に宿泊したといいます。良寛さんが久しぶりに同家を訪れた時、三代四郎次の母親が67歳で亡くなっていたそうです。それで供養をしたり、過去帳を書いてやったりしています。
 この歌は、そんな折に、歌われたものかもしれないといわれてもいるようです。



 角田の沖は、いろいろいわれも多い所のようです。
 日蓮さんが佐渡から戻る時の「波の題目」のいわれが、良寛さんの想起するいろいろのことの中にもあったのだろうともいわれます。
 しかし、それは歌の直接のテーマではなく、背景でしょう。
 いつも良寛さんの心にあるのは村人の命と暮らしです。農村にあっては農民の人たちのことを思い、漁村にあっては漁師の人たちのことを思います。辛く、苦しい暮らしを営んでいるんですね。その厳しい暮らしの中で村人が少しでも心を和らげ、幸せな心を持てるように、心のエネルギーを注ぎ込んでいくのです。



 波寄する岩陰しばしの外寝かな   仁


 愛語に添えば休む間もなし





☆☆☆ 『 梅雨激し溢るる如く水踊る 』 へどうぞ!!! ☆☆☆






 それにしても、そちらの雨は激しかったんですね。
 水踊る、って、
 雨脚ですか!?


 相当激しいんですね。
 それにしても、
 水踊るの写真面白い。
 拍手!!!



 おもしろや雨脚踊るもどり梅雨   仁


 無聊の日々は雨も友だち






★★★ 交心俳句448−02『 憂きことも遮断したまえ返り梅雨 』 へどうぞ!!! ★★★






 漁り火や人も揺れをり天の川   旅仁


 海には海の暮らしありけり



 友の今烏賊釣り舟に揺れてをる   旅仁


 また酒交わし思い聞かせよ



 降る星や思い尽きざり烏賊釣り火   旅仁


 人の暮らしの連なりの中




画像





☆ ご協力お願いします。


写真俳句 ブログランキングへ

☆ ありがとうございます。






★ めぐり逢い良寛さんss2001

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――


漁り火や人も揺れをり天の川

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――





★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




★★★ TAO575交心ts2201『 酔芙蓉朝日に恋し身を燃やす 』 へどうぞ!!! ★★★
 



★★★ 優游575交心st2310『 蛍の夜呵々大笑の夢見んか 』 へどうぞ!!! ★★★
 




★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★

記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


フォト575『 酔芙蓉いまひとたびの夢を翔べ 』ss1307

2015/07/14 19:16

★ 。・。・゜♪゜・。・。★ めぐり逢い良寛さん ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




画像






☆ ご協力お願いします。


写真俳句 ブログランキングへ

☆ ありがとうございます。





★ めぐり逢い良寛さんss1307

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――



酔芙蓉いまひとたびの夢を翔べ


――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――






★★★ めぐり逢い良寛さんss1307『 酔芙蓉いまひとたびの夢を翔べ 』 へどうぞ!!! ★★★
 





★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★





★★★ TAO575交心ts2201『 酔芙蓉朝日に恋し身を燃やす 』 へどうぞ!!! ★★★
 




★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


『 衣替えこころも白紙にもどしけり 』めぐり逢い良寛さんzv2902sv31

2015/05/31 11:55

★ 。・。・゜♪゜・。・。★ めぐり逢い良寛さん ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




画像






☆ ご協力お願いします。


写真俳句 ブログランキングへ

☆ ありがとうございます。






★ めぐり逢い良寛さんzv2902sv31

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――


衣替えこころも白紙にもどしけり


――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――






 雪呼さんより、 『 梅雨の入り門を閉ざして遊行かな 』 に良寛さんの歌を寄せてもらいました。
 雪呼さん、いつもあい風ありがとうございます。


 今日は、曇り空で、猫さんたちは喜んで庭遊びですね。
 土竜狩りの味しめてしまったのでしょうか・・・



 五月野やくさるを琥珀に煽らるる   仁


 猫をお伴に野にも遊ばん



閑見つけて、ドライブしませんか。
 琥珀さんも雫さんも、大喜びですよ。
 琥珀さんたちを野に放って、雪呼さんは、木陰で読書する。
 白いパラソルの下、でもいいですよ。
 とてもリッチな時が流れますよ。



 衣替えこころも白紙にもどしけり   仁


 夢も新奇に足取り軽く





★ 良寛歌1171zv29sv31

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――

我だにもまだ食ひ足らぬ白粥の底にも見ゆる影法師かな

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――






 ≫ 仁さん、おはようございます。

 今日の新聞、良寛さまの歌。


  。。。 「我だにも まだ食ひ足らぬ 白粥(しらがゆ)の 底にも見ゆる 影法師かな」


 自らの影が映るほどのゆるいかゆで飢えをしのぐ。
 もう少し欲しいと思う日もあったのだろうか。
 仏事や新築祝いに招かれた時の馳走とは対照的な草庵の暮らしぶりが偲ばれる。   。。。(全国良寛会)


 今日は曇り空、猫たちに誘われて外に出て来ました。
 「生涯の一転機なり更衣(ころもがえ)   深川正一郎
 気持ちを新たにと思うのですが・・・調子が出ません。。。   ≫   雪呼





 清貧というけれど、良寛さんの暮らしのお粗末さは唖然とします。
 おそらく食べない日も多かったのでしょうね。貰っただけの食ですから、貰えない日々もあったし、追われる日々もあったようです。それを耐え抜いてきたんですね。
 越後に暮らすようになってからは、人望を得て、詩友もでき、パトロンもでき、かなりご馳走にもあずかれるようになっています。そして、苦行も、悟りも、超えていきますから、普通の人になって村人と交わっていくのです。お酒も呑むし、煙草も吸うし・・・。

 それでも、草庵暮らしで、お呼ばれがない時は、粗食だし、底の見えるようなお粥を食べていたのでしょう。なのに、それも苦とはしないのですね。苦は苦ですけれど、苦をそのまんま受け容れることができるし、苦であることは、普通のことなのでしょう。苦もまた友達なんですね。



「 嚢中三升米 炉辺一束薪 」で足りるのです。



 短夜や庭にただよう影法師   仁


 誰彼念い語り明かさん





 仁は夜更かしが続いて、つい朝が遅いのですけれど、
 夏の夜は、良寛さん、どのように過ごしたのでしょう。
 蚤虱、ダニも蚊も、百足も蛇も、お友達のようにうじゃうじゃしているのでしょうか・・・。殺傷できない良寛さんですから、眠ることも大変なことなのでしょうね。





★★★ 『 梅雨の入り門を閉ざして遊行かな 』 へどうぞ!!! ★★★






 蚤虱無聊の友と待ちあそぶ   旅仁


 蚊も眺めつつ老をもあそぶ



 あけやすの清風うけて畦歩く   旅仁


 田を鋤く人と交わすひとこと





★ めぐり逢い良寛さんsv3104

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――

蚤虱無聊の友と待ちあそぶ

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――





☆ ご協力お願いします。


散文 ブログランキングへ

☆ ありがとうございます。





★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




★★★ 徒然575交心sx0901『 おのずから花信にこころ開かるゝ 』 へどうぞ!!! ★★★
 



★★★ めぐり逢い良寛さんzz2501『 明日の身を忘れ今日の身雪遊び 』sy21 へどうぞ!!! ★★★
 




★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


『 ほととぎす見るあたわずも慕いけり 』めぐり逢い良寛さんzv1801sv18

2015/05/18 14:06
★ 。・。・゜♪゜・。・。★ めぐり逢い良寛さん ★ 。・。・゜♪゜・。・。★





画像






★ めぐり逢い良寛さんzv1801sv18

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――

ほととぎす見るあたわずも慕いけり

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――





☆ ご協力お願いします。


写真俳句 ブログランキングへ

☆ ありがとうございます。







 雪呼さんより、 『 猫もまたくさる卯の花腐しかな 』 に良寛さんの歌を寄せてもらいました。
 雪呼さん、いつもあい風ありがとうございます。



 越後は強風でしたか。
 筑後も同じです。雨は午後には止みましたけれど。
 いよいよ夏日になっていきますね。夏日で、インフルエンザも収束していけばいいのですけれど、これからしばらく、広がりそうですね。
 裏庭で、のんびり、ゆるゆる、お過ごしくださいね。人混みがいちばん悪いようです。


 裏山には杜鵑も飛んできますか。
 雪呼さん、ホトトギスの写真お持ちでしたら、見せてくださいね。
 ホトトギスの情報なかなかはいりにくいんです。



 ほととぎす見るあたわずも慕いけり   仁


 幻の鳥まぼろしのまゝ





★ 良寛歌0242zv18sv18

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――

 青山の木ぬれたちぐきほととぎす鳴く声聞けば春は過ぎけり

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――






 ≫ 仁さん、おはようございます。

 今日の新聞、良寛さまの歌。


 「青山の 木ぬれたちぐき ほととぎす 鳴く声聞けば 春は過ぎけり」


 緑が濃くなった山の木々のこずえを、飛びくぐって鳴くホトトギスの声を聞くと、確かに春は過ぎたのだと思われることよ。
 こぬれは木の枝の先、たちぐきは間をくぐって。   。。。(全国良寛会)



 昨晩の強い雨は止み真夜中から強風が吹き荒れています。
 木々を風が強く揺らし、庭には鳥も来ていません。
 雨雲を吹き飛ばし、これからお天気になるようです。  ≫   雪呼





★★★ 『 良寛さんの歌 時鳥 』 0242青山の 木末立ち潜き 時鳥 鳴く声聞けば 春は過ぎけり へどうぞ!!! ★★★





 今日一日の暮らしは、来る日も来る日も、変わることなく、風が小さな生き物たちの息吹を伝えてくれるばかりだ。その中で、血を吐くように鳴く時鳥は、心を揺すぶって、燃焼する命を呼び覚ましてくれるものだよ。これから、夏の一時、けたたましく鳴いて、求愛して、また、大陸へ戻っていくんだね。



 生きるって、切ないね。
 生きるって、さびしいね。
 けれど、
 生きるって、素晴らしいね。


 この短い一時を、
 命のままに、
 自由に生きていこうよ。



 時鳥の鳴き声を聞きながら、自然の恵みを享受し、至福の時を、今日も過ごしていますけれど、
 この懐かしさは、何だろう・・・。


 この人恋しさは、なぜだろう・・・。



 やっぱり、至福の中でも、良寛さんの心のどこかに、空洞があって、
 さびしい風が吹いているのでした。



 それを、まもなく、開示してくれる運命的な出会いが待っているのですね。 ≫ 。。。



 山海を越えて恋しき時鳥   仁


 海の彼方に何待つらむか





★★★ 『 猫もまたくさる卯の花腐しかな 』 ★ 交心俳句37501 へどうぞ!!! ★★★




 待つことのまこと伝えよほととぎす   旅仁


 その本に立つひとや待つらむ



 われ待つも声さえ聴かず時鳥   旅仁


 夢にも見れば安かりけるを




画像






ランキングにご協力くださいね。


おもしろ写真 ブログランキングへ

 ありがとうございます。





★ めぐり逢い良寛さんzv1801sv18

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――

待つことのまこと伝えよほととぎす

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――







☆ ご協力お願いします。


散文 ブログランキングへ

☆ ありがとうございます。







★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




★★★ 青のくさみ交心sx2901『 花燃ゆるただわれ夢中時燃ゆる 』 へどうぞ!!! ★★★
 



★★★ 尻都209−03『 さまざまの事ひとつ一つに ハートの空の交じり合う 』尻取り都々逸言葉遊び交心tx2306 へどうぞ!!! ★★★
 




★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★


記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


『 花むしろ来し方つもる思いかな 』sw15めぐり逢い良寛さんzw1502

2015/04/15 23:47

★ 。・。・゜♪゜・。・。★ めぐり逢い良寛さん ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




画像






☆ ご協力お願いします。


写真俳句 ブログランキングへ

☆ ありがとうございます。






★ めぐり逢い良寛さんzw1502sw15

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――

花むしろ来し方つもる思いかな

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――






 雪呼さんより、『 天に辛夷空っぽになる心かな 』 に良寛さんの歌を寄せてもらいました。
 雪呼さん、いつもあい風ありがとうございます。

 のびのびと自由で、またミラクルな時間を楽しまれましたね。
 雪呼さんの中から愛語があふれ出して、共振する人を呼び寄せるのでしょう。
 良寛さんに会って、愛語力がいよいよ大きくなりましたね。



 愛語力は、愛語を発信すればするほど増殖するものですよ。愛の倍々の法則で、愛をもらった人が倍にして返すんです。アップするから、快い疲労になります。



 昔、魔法を使う女性が友達にいましたけれど、周りの青年達がおもしろがって魔法をせがむのです。お人好しの彼女は、喜んで魔法を披露するんですよ。
 遊びの魔法は、邪道だから、消耗して、疲労するんだそうです。
 それでも青年が求めるから、魔法遊びをしていました。青年達が帰ると、ぐったりしていましたね。
 愛のない魔法は、愛が返ってきませんから、疲れるんだそうです。



 雪呼さんに、愛が、倍々で、返ってきますように。



 国上山愛語返しに散る桜   仁


 ひとひら一片愛語ささやく



 桜花(さくらばな) 花の盛りは 過ぐれども 続(つ)ぎて聞かなむ 山時鳥   良寛




★ 良寛歌0095zw15sw15

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――

桜ばな花のさかりは過ぐれども継ぎて聞かなむ山ほととぎす

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――






 ≫ 仁さん、おはようございます。

 今日の新聞、良寛さまの歌。

 「桜花(さくらばな) 花の盛りは 過ぐれども 続(つ)ぎて聞かなむ 山時鳥」


 瞬く間に花の盛りは過ぎてしまったけれど、せめてあの山で鳴く、懐かしい時鳥の声を、どうぞ続けて聞かせて欲しい。
 移りゆく自然と、共に語らい、共に生きる。   。。。(全国良寛会)



 昨日の強い雨で、桜の花びらが地面に敷き詰められています。
 我が家の「ソメイヨシノ」も終わってしまいました。
 でも、他の桜が咲き始めて・・・まだまだ楽しむことが出来ます(*´艸`)
 今日は肌寒くて・・・遊びすぎた私は筋肉痛、猫たちも大人しいです。。。  ≫   雪呼





 越後の桜吹雪はすごいですね。
 桜吹雪の中に、雪呼さん、佇んでいますか・・・


 琥珀さんが佇んでも絵になりますね。


 ソメイヨシノも枝垂れ桜も陽光桜も、庭にあって、ほんとうに春に包まれていらっしゃるんですね。
 陽光桜も、もう、古木ですか。
 色々のこと見てきたのでしょうね・・・



 花むしろ来し方つもる思いかな   仁


 念ずりゃ桜も問わず語りす



 もう、筑後は、桜も散ってしまって、蘂桜がもの悲しい色を残しています。
 これからはむせるような葉桜になっていくのですね。
 ときどきの花冷えも残り、今が一番いい季節かもしれません。



 瞬く間に春は立ち去って行くのですね。
 卯木の花芽がつきはじめました。



 青山の 木ぬれたちぐき 時鳥 鳴くこゑ聞けば 春は過ぎけり   良 寛

 良寛歌0242 青山のこぬれたちくきほととぎす鳴く声きけば昔思ほゆ



 越後では桜に変わり、ホトトギスが初夏を告げてくれるのですね。
 とうとう仁はホトトギスを知らないまま終わるのかもしれません。
 筑後の鄙に生まれ、筑後の鄙に、ホトトギスも知らず消えていくのです。
 それでも、色々の巡り会いを楽しませてもらって、少欲知足と、幸せなのに違いありませんね。



 今日も越後の桜吹雪をありがとうございます。



 不如帰鳴く声聞けば恋成就   仁


 鳴く声聴かんと昔時彷徨う





★★★ 交心俳句341−02『 天に辛夷空っぽになる心かな 』 へどうぞ!!! ★★★






 花いかだ載りて流れてはて果ては?   旅仁


 何処へ行くも風に任せん



 散るさくら優游謄謄海へ翔ぶ   旅仁


 こころあるごとわが道ゆくか





★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




★★★ めぐり逢い良寛さんzw1402『 天に辛夷空っぽになる心かな 』sw14 へどうぞ!!! ★★★
 



★★★ 回想瘋癲老仁妄句29−05zck0305『 返り花愛はいつでも共に在る 』 へどうぞ!!! ★★★
 




★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


『 大阿蘇の雪の枯れ野を月昇る 』交心俳句252−04zz1004

2015/01/11 19:35

★ 。・。・゜♪゜・。・。★ めぐり逢い良寛さん ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




画像





☆ ご協力お願いします。


写真俳句 ブログランキングへ

☆ ありがとうございます。







★ めぐり逢い良寛さんzz0803sz10

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――

大阿蘇の雪の枯れ野を月昇る

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――






 雪呼さんより、 『 風に載りガテガテパラガテ冬菫 』 に良寛さんの歌を寄せてもらいました。
 雪呼さん、いつもあい風ありがとうございます。






 朝から雪催いで、阿蘇は10センチの積雪と予報があったので、やっぱり黒川温泉へ氷柱を見に行ってきました。昨夜夜更かしをしてしまって、朝寝坊したので、そのまま阿蘇へ向かいました。そしてさっき帰宅したところです。
 返事が遅れてごめんなさい。



 0668 冬の空むすぶ柳のいとながく千年の春に逢ふを待たばや   良寛さん



 柳が雪割草さんの誕生記念樹だったのですね。
 柳に風。いい風情で、仁も柳が好きなんです。
 柳川も柳と川の街ですけれど、両方とも少なくなり、ずいぶん廃れました。廃れていく分、いっそう柳への思いが愛おしくもなっていきます。



 枯れ柳少年の夢今何処   仁


 見たのは夢かはたまた絶望



 そうですか。雪呼さんの柳は、台風で倒れたんですね。少女期の想い出がいっぱい詰まった柳だったのに。柳は挿し木ですぐ再生するんですよ。仁は子どもの頃何度も挿し木で、柳を育てたことがありました。大きくなるたびに、伐られてしまいましたけれど。庭が狭かったし、庭木には合わなかったんですね。小さな池があったので、その脇に植えていたんですけれどね。中学生の頃は、いろんな木を切ってきて、挿し木して、楽しんでいたんです。そんなこと想い出しました。
 雪呼さんは、初釜の結び柳を見て少女時代が蘇るんですね。


 少女時代を詠んでくださいね。
 雪呼さんにももう一度少女の夢が蘇りますように。



 芽柳に登り少女の天仰ぐ   仁


 彼方に光る青き昼星





 日向神を越えて小国へ出る予定にしていましたけれど、チェーン装備なしなので、さすがに用心して、菊池経由にしました。菊池渓谷に入る前にもう雪が降りはじめ、路面も昨夜の雪が残っています。山の樹木はうっすらと雪化粧です。
 阿蘇の樹氷を見るつもりでしたけれど、路面凍結を警戒して、外輪山をドライブしました。
 雪雲で寝釈迦さんも見えません。



 大阿蘇の雪の枯れ野の木立かな   仁


 樹下に待てるは吾に在らんか



 黒川温泉の氷柱は、まだ、三センチくらいにしかなっていませんでした。
 やっぱり二月にならないと大きな氷柱は下がらないそうです。
 夕日に煌めく大きな氷柱を露天風呂から眺めた時の感動を思って、もう一度その感動を味わいたいと願って来るのですけれど、二度目は、まだ、巡り会えません。



 夕方からは晴れるという予報を当てにして、ゆっくりしていたのですけれど、帰りはじめたら路面が凍結しはじめています。安全を期して菊池道路へ戻ることにしましたけれど、その入り口は雪に覆われて、車の通った形跡がもうありません。
 そのまま南の一宮へ降りて、阿蘇の麓の57号線を帰ることになりました。
 もう少しゆっくりしていたら、陸の孤島に閉じ込められて、車中泊になったかもしれない状況だったのです。



 大阿蘇の雪の枯れ野を月昇る   仁


 月に射られて身も凍てんとす





★ 良寛歌0668zz10

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――

冬の空むすぶ柳のいとながく千年の春に逢ふを待たばや

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――






★★★ 交心俳句251−01『 風に載りガテガテパラガテ冬菫 』 へどうぞ!!! ★★★







★ 散文 ブログランキングへ w110h31

☆ ご協力お願いします。


散文 ブログランキングへ

☆ ありがとうございます。








★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




★★★ 徒然575交心zz1104『 雪原の月に現を忘れけり 』sz06 へどうぞ!!! ★★★
 



★★★ 写真俳句tk2002『 弧ならずも案山子天見て立ち尽くす 』 へどうぞ!!! ★★★
 




★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★


記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


『 菜に触れて伝わるいのち寒さかな 』めぐり逢い良寛さんzz1402sz09

2015/01/09 20:04


★ 。・。・゜♪゜・。・。★ めぐり逢い良寛さん ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




画像







☆ ご協力お願いします。


写真俳句 ブログランキングへ

☆ ありがとうございます。







★ めぐり逢い良寛さんzz1402sz09

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――

菜に触れて伝わるいのち寒さかな

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――






 雪割草さんより、 『 雪国の雪の深さよただ驚嘆 』 に良寛さんの句を寄せてもらいました。
 雪割草さん、いつもあい風ありがとうございます。







 今朝も積雪が大変だったんですね。
 普通の日の倍も通勤時間がかかるのですね。それがこれからも続くことを思うと、ほんとうに苦労ですね。筑後でも、もうずいぶん以前の話ですけれど、10分の通勤時間の所を2時間かかって行ったことがありました。雪慣れしていないので、車の渋滞がすごく、動かなくなってしまったんです。今では、そんなに雪が降ることもなくなっていきますけれど・・・
 娘さん、早朝出勤大変ですね。
 何倍も疲れるでしょう。
 雪割草さんも、ご用心くださいね。



 朝まだき除雪の音の過ぎゆきぬ   仁


 真白き夜の間白き夜明け



 良寛俳句089 火もらひに橋越えてゆくさむさか



 連日の寒さの中で、頭巾を脱ぐのも面倒なくらい蹲っていたい良寛さんです。薪も炭も潤沢にはないでしょうし、達磨さんになったり、詩作に没頭していると、火が消えるのも気がつかないのかもしれません。
 火の気なしでは過ごせないでしょうから、火種をもらいに行くのでしょうね。
「橋越えてゆく」が一層寒さを震え上がらせるようです。
 川を越えて行くのですから随分遠くまで貰いに行くのでしょう・・・





 雪は降っていませんけれど、畑が気になって見に行きました。
 健気に菜葉を広げていますけれど、凍てついていました。寒かろう、冷たかろうと思って、菜を撫でると、命の音が脈々と伝わってくるようです。
 チューリップの木に触れると、氷柱のように冷たい。



 菜に触れて伝わるいのち寒さかな   仁


 互いに凌げと声かけ合うも



 菜に触れて伝ういのちやいざ凌げ   旅仁


 大地は殺され空には凶器



 良寛さんの寒さを思いながらも、部屋に戻って、暖をとりました。
 それでも良寛さんの時代には、まだ、自然の恵みは豊かで、大地力は涸れることもなかったのでした。
 この温さをありがたく思い、また軟弱を不甲斐なくも思います。



★★★ 『 雪国の雪の深さよただ驚嘆 』 ★ 交心俳句25501 へどうぞ!!! ★★★





 温暖な南国に居ると寒さへの耐久力がほとんどなくなっているのでしょうね・・・
 寒さに弱い人間は忍耐力も根性もふやけているのかもしれません。それでもどうにか生きていけるのですから・・・


 しかし南海トラフでも起これば、生き残ることさえ難しくなるでしょう。
 自給自足の備えもして、清貧に耐えて、小さく小さく生きる術も身につけておきたいと念じています。
 昨日はあの賢い鴉が大量に死んでいたというニュースが流れていました。ギャング集団の鴉にも飢餓状況がはじまっているのですね・・・



 冬異変天地不仁に随うか   旅仁


 備える知恵の標は在りや






★ 良寛俳句089zz14sz09

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――

火もらひに橋越えてゆくさむさか

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――








☆ ご協力お願いします。


散文 ブログランキングへ

☆ ありがとうございます。










★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 妄恋575 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★



雪の菜に触れて愛呼のせつなかり


雪の夜や自ずと愛呼添い来たり


帰り行く愛呼を照らす雪の月






★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




★★★ 徒然575交心zz1104『 雪原の月に現を忘れけり 』sz06 へどうぞ!!! ★★★
 



★★★ めぐり逢い良寛さんzbk0202『 狭き庭なれど愛語の冬の花 』tk15 へどうぞ!!! ★★★
 




★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


『 露草やいかなる力在れば足る 』スローライフ575交心v13r083101

2013/09/01 15:05

★ 。・。・゜♪゜・。・。★ スローライフ575交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★





画像






★ スローライフ575交心v13r083101

――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――

露草やいかなる力在れば足る

――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――






 何ぞ俗の孤薄なる、之を思えば、亦可レン(忄+令)なり。
 義を見れば、潜かに身を抽ヒき、利を聞けば、頭を競うて奔る。
 世を挙げて険キに赴き、人の冉ゼン顔を願う無し。
 君に勧む、早く事を終えて、帰りて南畝の田を耕さんことを。   良寛   。。。良寛道人遺稿191


 どうしてこうも風俗が軽佻浮薄になってしまったんだろうね。
 別の見方をすれば人間って単純で可愛いものだね。
 ごらん、正義感に起ってここが出番だということになると人はこそこそ身を引いてしまい、目立ったことや儲け話があると我先に争って顔を出そうとするよ。
 世の中全体が険悪な様相を呈してくるし、今ではもう誰も徳の高い人たちを道標にしようとする者はいなくなったよ。
 こんな物騒で非人間的な世の中だから、ぼくが君たちにお勧めするのはね、早く宮仕えを退いて、田舎に帰り、日当たりの良い田畑を耕してのんびり暮らすのが好いということなんだ。


 冉顔=孔門十哲の冉有と顔回のこと。冉有は政治の才を認められ、顔回は随一の秀才で孔子の後継者とされていたが夭折した。



現在の風潮に似ていますね。
 政治家も官僚も起業家も老舗も拝金主義に雪崩れ込みモラルを喪失してしまっているようです。放射能汚染で街が復帰できないのに復興の目途は立たず、復興資金は遠い行政に流用されたり、利権に群がる悪徳業者に蚕食されている現実です。


 露草やいかなる力在れば足る   仁


 知恵も力もなきを泣くのみ



 良寛さんの時代ももう重商主義的な商品経済が発達し、生活は贅沢になり、農村も貨幣経済が大きくなり、幕府も財政難に陥り増税で農民を苦しめました。その上飢饉、自然災害も頻発して、各地で農民一揆が増大します。筑後地方でも、久留米藩では享保十三年、宝暦四年、天保三年と三度の大一揆が発生している。1758年宝暦8年が良寛さんの産まれた年です。老中田沼意次の支配する時代でした。もう金が物をいう時代になっていたのです。

 良寛さんの父の以南さんも色々の事情があって謎が多いのですけれど、1795年寛政7年、勤王党の志士として活動し、桂川に投身自殺したといわれています。良寛さん38歳の時です。
 乞食行脚をして諸国を放浪していた良寛さんは、翌1796年この頃良寛さんは越後に帰郷したといわれています。この年母おのぶの前夫桂誉章さんが亡くなっています。この人が良寛さんの父親ではないかともいわれているのです。良寛さんについてはその出生から謎に包まれたままなのです。
 これら謎の生い立ちが良寛さんの謎の家出と帰郷の大きな動機なのでしょう。無一物、無所住の良寛さんが故郷に住みはじめたのでした。
 それまでの無所住の苦行の中で到達した禅境が一気に解き放たれたのでしょうか・・・


 苦の果てに光在りしか苦もなくに楽楽の身の苦しかりけり   仁


 良寛さんのただの人としてのスローライフのはじまりです。
 スローライフはいいものだよ、と良寛さんは呼びかけているのでした。



 少年捨父奔他國 少年、父を捨てて他国に奔(はし)る
 辛苦描虎猫不成 辛苦、虎を描いて猫も成らず
 箇中意志人倘問 箇中の意志、人倘(も)し問はば
 只是從來榮蔵生 只是れ従来の栄蔵生    。。。良寛
   


 秋の風出奔もせず絵も描かず   仁


 優游たるも懶惰なるのみ






画像










★ スローライフ575交心v13r083103

――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――

秋の風出奔もせず絵も描けず

――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――









★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。

にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村

★ ありがとうございます。










★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




★★★ スローライフ575交心v13r082801『 唯帰命吾唯知足草の花 』 へどうぞ!!! ★★★
 



★★★ 都都逸で交心v13r081706『 ほんに待つ身は楽しきものぞ 逢えば儚く夢の跡 』 へどうぞ!!! ★★★
 



★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


タイトル 日 時
フォト575『 秋の蝶空即是色の心かな 』
フォト575『 秋の蝶空即是色の心かな 』 ★。・。・゜♪゜・。・。★ フォト575 ★。・。・゜♪゜・。・。★ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/08/25 20:04
『 恋は今煩悩ならず草の露 』vr1302遊行相聞歌575交心03v08
『 恋は今煩悩ならず草の露 』vr1302遊行相聞歌575交心03v08 ★。・。・゜♪゜・。・。★ 遊行相聞歌575交心 ★。・。・゜♪゜・。・。★ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/08/14 15:12
『 わが生のこの小ささよ糸とんぼ 』良寛さんを遊ぶ575交心
『 わが生のこの小ささよ糸とんぼ 』良寛さんを遊ぶ575交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 良寛さんを遊ぶ575交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/07/19 13:53
言葉あそび575交心『 いくばくの余命しみじみ明けやすし 』
言葉あそび575交心『 いくばくの余命しみじみ明けやすし 』 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 言葉あそび575交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/07/08 23:30

トップへ | みんなの「良寛」ブログ

花花花礼讃 良寛のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる