アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「宮沢賢治」のブログ記事

みんなの「宮沢賢治」ブログ


フォト575『 風光る丘に登れば心翔ぶ 』sx0401

2015/03/04 20:08

★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 演習妄句575風光る03 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




画像








☆ ご協力お願いします。


写真俳句 ブログランキングへ

☆ ありがとうございます。








★ 演習妄句575風光る03sx0413

――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――

風光る丘に登れば心翔ぶ

――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――









★★★ 演習妄句575sx0401『 風光る丘に登れば心翔ぶ 』 へどうぞ!!! ★★★


 





★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


『 風光る径のいさごも光りけり 』演習妄句575sx0213風光る02

2015/03/03 00:13

★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 演習妄句575風光る02 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




画像






☆ ご協力お願いします。


写真俳句 ブログランキングへ

☆ ありがとうございます。







★ 演習妄句575風光る02sx0213

――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――

風光る径のいさごも光りけり

――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――






 演習パターン風光る02 「 風光る + 中七 + ○○○けり 」





 > 風光る馬上の少女口緊めて   長嶺千晶



 > 賢治歌201 夜はあけぬふりさけ見れば山山の白雲に立つでんしんばしら





 風光る余白に古木踊りだす


 風光るたぶれごゝろを抑えけり

 風光る夢のつづきの翔りけり


 風光る宿無し子犬くるいけり


 風光るよるべのなさに弾けけり


 風光るホバリングする鳥見けり


 風光る空砲轟き驚けり


 風光るうかれ音階くるいけり


 風光る目つぶり震え怒りけり


 風光る径のいさごも光りけり





 > 賢治歌210 つくられし祭の花のすきますきまいちめんこめし銀河のいさご



 > 風光る白一丈の岩田帯   福田甲子雄





★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




★★★ めぐり逢い良寛さんzbk0403『 紅葉のただ幻となりにけり 』tk16 へどうぞ!!! ★★★
 



★★★ TAO交心sy2806『 眠りたや夢閨の子宮おぼろ月 』 へどうぞ!!! ★★★
 




★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★

記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


『 踏切に夜汽車見送る余寒かな 』演習妄句575余寒かな04sy2510

2015/02/26 16:01
★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 演習妄句575余寒かな ★ 。・。・゜♪゜・。・。★





画像






★ 演習妄句575余寒かな04sy2510

――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――

踏切に夜汽車見送る余寒かな

――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――







☆ ご協力お願いします。


写真俳句 ブログランキングへ

☆ ありがとうございます。






 演習パターン余寒かな04 「 上五 + 中七 + 季語 (余寒かな) 」





 > 魚市に魚の少き余寒かな   正岡子規



 > 賢治歌0171 げに馬鹿のうぐひすならずやわれ夜の空にねがへる時をなきたり





 ひたすらに夜空に願う余寒かな

 しゃくなるも堪えこらえる余寒かな

 どんよりと降るやふらずの余寒かな

 なにゆえの足跡たどり余寒かな

 丘に立ちきみ恋いぬるも余寒かな

 城址にのこぎりの音余寒かな

 耕していかりも癒す余寒かな

 汽車の音もなみだぐましき余寒かな

 かくなるもわれかなしまず余寒かな

 踏切に夜汽車見送る余寒かな





 > 賢治歌0180 はだしにて夜の線路をはせ来り汽車に行き逢へりその窓は明るく



 > ドミノゲーム途中で止まる余寒かな   神野紗希





★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




★★★ 演習妄句575sy1010春月や03『 春月や小枝に下がる銀の匙 』 へどうぞ!!! ★★★
 



★★★ めぐり逢い良寛さんzz2003『 大寒の思わぬ温さ野良仕事 』sz28 へどうぞ!!! ★★★
 




★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★

記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1


『 念在れば魔も退くる余寒かな 』 演習妄句575sy2213

2015/02/23 23:05

★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 演習妄句575余寒かな03 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★





★ 演習妄句575sy2213余寒かな03

――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――

念在れば魔も退くる余寒かな

――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――






ランキングにご協力くださいね。


おもしろ写真 ブログランキングへ

 ありがとうございます。







 演習パターン余寒かな03 「 上五 + 中七 + 季語 余寒かな 」





 > いそまきのしのびわさびの余寒かな   久保田万太郎



 > 賢治歌0161A わが住めるほのほさ青みいそがしくひらめき燃えて冬きたるらし




 降りしきる青星黄星余寒かな

 脳に来る非情の病余寒かな

 湧く言葉書き留めて行く余寒かな

 空ゆえに言葉降り込む余寒かな

 降り込むも湧くも消え行く余寒かな

 栗鼠鴉脳駈け廻る余寒かな

 逆立ちの物踊りたる余寒かな

 泡立ちし世情喧噪余寒かな

 蠍さえ避けぬ意志もつ余寒かな

 念在れば魔も退くる余寒かな





☆ ご協力お願いします。


写真俳句 ブログランキングへ

☆ ありがとうございます。





 > 賢治歌0170A いさゝかの奇蹟を起す力欲しこの大空に魔はあらざるか



 > 鴬はきかぬ気でなく余寒かな   小林一茶





★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




★★★ 青のくさみ「森女」遊泳1804『 共振のよろこび草の花と持つ 』wp2304「0689」 へどうぞ!!! ★★★
 



★★★ めぐり逢い良寛さんzz1101『 寒牡丹忍びに忍び色に出づ 』 へどうぞ!!! ★★★
 




★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★

記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


『 妄句遊ぶ旅の遊泳寒の月 』歩く賢治さんを遊ぶ01sy0911

2015/02/21 16:12


★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 歩く賢治さんを遊ぶ01 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




画像






☆ ご協力お願いします。


写真俳句 ブログランキングへ

☆ ありがとうございます。







★ 歩く賢治さんを遊ぶ01sy0911

――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――


妄句遊ぶ旅の遊泳寒の月


――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――






 交心ありがとうございます。
 お褒めの言葉いただいて少し心が痛みます。
 正直白状しますけれど、ぼくの言葉遊びは真似遊びなんです。申し訳ありません。この10句も全部模倣です。
 今までも真似良寛さんを遊び、真似一休さんを遊んできました。
 それさえまだはじめたばかりなのに、また浮気をして宮沢賢治さんの真似をはじめているんです。ぼくの感性で詠んだ句ではないんです。
 ごめんなさい。
 言葉あそびを一々断って、標本を明示すべきでしょうけれど、それほど大袈裟なことをするのもおかしなことで、ひとり遊びの真似事ですので、断りなしで真似遊びをさせてもらっています。
 賢治さんの初期の短歌の詩句をお借りして、これも賢治さんの心象を真似して愚仁なりの心象で575を遊んでいます。だから写生句でもなく、俳句でもなく、真似言葉あそび575なんです。
 読んでいただいてありがとうございます。
 鄙隠り老仁のひとり遊びだと笑って、ご寛容くださいね。



 賢治さんは15歳くらいから短歌を詠みはじめているようですけれど、その最初から『春と修羅』の心象風景を感じさせる詩句と心象で歌も詠んでいますので、理解は及ばないのですけれど、自遊な妄想を遊ばせてくれます。そんな妄想575遊びなので、「妄句575」とさせてもらっています。
 ごめんなさい。



 賢治さんは短歌、詩、童話で理想郷を追いつづけた人のようですけれど、最晩年になって俳句にも関心を持ちはじめたそうです。
 まだどんな風に関心を持ち、どんな句を詠んだのか、全く知らないのですけれど、真似言葉あそびの楽しみから、短歌の心象風景の想と詩句をもらって、旅仁風の妄句575としてあそばせてもらっています。
 賢治さんの心象風景は銀河宇宙まで広がりますので心も空っぽにして夢中になれます。
 童心に戻れるのも楽しいものなんです。
 これはもう惚けのシンドロームなのでしょうね・・・



 天の邪鬼の詩句は賢治歌A稿0049の短歌です。
 0001Aから真似遊びをはじめています。

 A稿だけで792句ありますので、一日十句で遊んでも79日遊べますので毎日が楽しくなります。全部の歌を真似しようと想ったら、死ぬまで退屈しないで済みそうです。



 またまた言葉あそびをさせてもらいました。
 笑い飛ばして、ご寛容ください。



賢治歌0050A あすのあさは夜あけぬ前にたつわれなり母は鳥の骨など煮てあり
 


 これは賢治さんの素直な心の漂泊のように感じられます。
 とにかく賢治さんはよく歩く人で、夜中にでも歩くんです。よく岩手山に登っています。16歳の時修学旅行で金華山に行きはじめて海を見たそうです。
 歩いて歩いて歩いて、手帖に記録したのでしょうね。その記録と記憶から賢治さんの心象時空も拓かれていくのですね・・・。



 妄句遊ぶ旅の遊泳寒の月   旅仁 sy0911


 星なる父母も微笑み降らす





★★★ 演習妄句575sy0910春月や02『 春月や爪に忍びし天の邪鬼 』 へのコメント交心です。 ★★★
 



 
☆ ご協力お願いします。


散文 ブログランキングへ

☆ ありがとうございます。








★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




★★★ めぐり逢い良寛さんzbk0501『 あい風のしぐれをぬけて吹いてくる 』tk17 へどうぞ!!! ★★★
 



★★★ 再録青のくさみ「森女」遊泳0801『 幾たびも初心に還れ帰り花 』wq16「0692」tt10 へどうぞ!!! ★★★
 




★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★

記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


『 春月や西に居坐る黄色き眼 』演習妄句575sy1108春月や04

2015/02/12 19:26
★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 演習妄句575春月や04 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★





★ 演習妄句575sy1103春月や04

――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――

春月や西に居坐る黄色き眼

――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――






☆ ご協力お願いします。


写真俳句 ブログランキングへ

☆ ありがとうございます。







 演習妄句575「 春月や + 中七 + 名詞 」その04 です。





★★★ 演習妄句575sy1010春月や03『 春月や小枝に下がる銀の匙 』 へどうぞ!!! ★★★
 





01  春月や黙したままに朝鴉

02  春月やひびわれ隠る朝の星

03  春月やあけぼのゆがむ壁の罅

04  春月や黒雲襲う丘の家

05  春月や鴉の口に凶の札

06  春月や不眠烏の怒りの眼

07  春月や雲流れこむ明けの穴

08  春月や西に居坐る黄色き眼

09  春月や裏から覗く黒目玉

10  春月や黙す鴉の赤き呪詛





★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




★★★ めぐり逢い良寛さんzbk0501『 あい風のしぐれをぬけて吹いてくる 』tk17 へどうぞ!!! ★★★
 



★★★ つけ句あそび575交心tk2402『 年忘れそれでも忘れぬ主体性 』 へどうぞ!!! ★★★
 




★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★

記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


『 行く末はどこの迷宮月女山 』賢治さんをあそsz3003

2015/01/31 11:15


★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 賢治さんとあそぶ ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




画像





ランキングにご協力くださいね。


おもしろ写真 ブログランキングへ

 ありがとうございます。







★ 賢治さんとあそぶsz3003

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――


行く末はどこの迷宮月女山


――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――






 > 賢治歌592B 夜だか鳴き
 オリオンいでて
 あかつきも ちかく
 お伊勢の杜をすぎたり。



 森は物語を生みだす母胎なのかもしれません。
 賢治さんの<森>を検索収集したら面白いだろうと思いますけれど、もうそんな余白の時間もないので、好きな詩句だけ見つけだして遊ばせてもらいます。
 賢治さんは空想もぼくのように部屋の中でするのではなく、実際に足で歩いて見たもの感じたものを心象風景にすることが多いようです。



 それでも歌を読みはじめた動機も気になります。
 まだ何も知りませんので、そこら辺から興味好奇心を開いてみようかと念います。



 ちなみに賢治さんの一番早い時期の短歌を5つ採ってみました。
 1911年明治44年1月よりの短歌です。賢治さん15歳。4月に盛岡中学3年生になっています。
 1学期に独りで岩手山に登ったと記録にありますね。
 とにかく一人でよく歩き回ったようです。





賢治歌0001A み裾野は雲低く垂れすゞらんの白き花さきはなち駒あり
 

賢治歌0002A 這ひ松の青くつらなる山上のたひらにそらよいましらみゆく
 

賢治歌0003A さすらひの楽師は町のはづれにてまなこむなしくけしの茎噛む
 

賢治歌0004A 冬となりて梢ウレみな黒む山上に夕陽をあびて白き家建てり
 

賢治歌0005A ふしてありし丘にちらばる白き花そらのひかりに見し黎明よ



 0001は「裾野」「雲」「すゞらん」「はなち駒」の景が詠まれています。どれも景だけを読み込んでいますけれど、それでも雰囲気はもう賢治さんの遊泳する風景ですね・・・



 しばらく賢治さんの助走風景を遊んで楽しむことにします。



 併せて、良寛さんの風景とも重ねて遊ぶのも面白そうですね・・・
 常不軽菩薩さんが道標のようですからその根底には同じ心根が流れているのかもしれません。
 宝物探しのような言葉あそびですけれど、その内迷路に迷い込んで出口を失ってしまうかもしれません。迷宮が終の棲家だというのもわくわくするほど面白いですね。



 > 良寛歌1276 弥彦の森のかげ道ふみわけてわれ来にけらしそのかげ道を



 行く末はどこの迷宮月女山ゾヤマ   旅仁


 無漏路黄泉路の独り弥次喜多





☆ ご協力お願いします。


散文 ブログランキングへ

☆ ありがとうございます。








★ 賢治歌0001Asz30

――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――

み裾野は雲低く垂れすゞらんの白き花さきはなち駒あり

――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――






★ 。・。・゜♪゜・。・。★ つけ句あそび575交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★





★ つけ句あそび575交心sz2903

――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――

ガテガテとココロおどらせ蕗の薹

――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――






 > ほつほつと根元にいくつ蕗の薹   夢呼


 ここにあそこに森のせせらぎ   旅仁



 森歩きの醍醐味が感じられる春の息吹の中童心が溢れ湧いてきますね。
 都会にもそんな森の小径があるのですね・・・
 ぼくの田舎は田圃の畦道が広がるばかりの殺風景な所です。川はクリークでほとんど淀んでいます。翡翠も寄りつかない。
 それでも無風流も又風流と心を無邪気に遊ばせて朝歩きを楽しんではいますけれど・・・
 羨ましい森の小径を遊泳させてもらいました。



 ガテガテとココロおどらせ蕗の薹   旅仁


 星の草の芽光のこびと





☆☆☆ 夢呼さんの『 オオイヌノフグリ咲いてました 』 へどうぞ!!! ☆☆☆
 





★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




★★★ TAO交心sz0301『 スキンシップ遊行の花か春の夢 』 へどうぞ!!! ★★★
 



★★★ 良寛さんの詩を遊ぶzm0601『 返り花老いを知らずと嘯きぬ 』tm06 へどうぞ!!! ★★★
 



★★★ 林住期道楽交心tm0903『 宵の月心放てば木霊して不言の心甘露味わう 』 へどうぞ!!! ★★★





★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


トップへ | みんなの「宮沢賢治」ブログ

花花花礼讃 宮沢賢治のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる