アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「交心俳句」のブログ記事

みんなの「交心俳句」ブログ


『 面影に黒髪を梳く合歓の花 』優游575交心v13t062403

2013/06/24 21:05
★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 優游575交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★


画像



★ 優游575交心v13t062403

――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――

面影に黒髪を梳く合歓の花

――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――






 > はげしさに一息ついて草いきれ   遊呼


 髪の乱れに手を添えしきみ


 遊呼さん、いつもあい風交心ありがとうございます。
 居成り旅人時空遊泳あそびご寛容いただいて楽しみが増え、Happyです。
 交心在ってのひとり言葉遊びというおかしな甘えの構造を作りだしたのも林住期道楽の特権と開き直っています。

 居成りの旅人は、きっと、高齢者へのプレゼントしての自然が与えてくれた業なのかもしれませんね。有史以来人類の願望は不老長寿であり、豊かに幸せに暮らしたいだったようです。その願望を自己実現するために人類はコミュニティを発明したのでしょう。
 豊かに幸せにの自己実現は道具と言葉の発見で飛躍的に発達しました。その飛躍に見合う脳の開発創造が進化のシステムの中に組み込まれたようです。
 ホモサピエンスはホモルーデンスに進化しました。
 けれど同時に道具の発明は、欲望の肥大化によって、殺人と破壊の装置を肥大化させてしまったのでした。この殺人と破壊のシステムは自動増殖のシステムを組み込んでしまいましたので、人類のインテリジェンスを超越してしまい、人類は滅亡の世界を創出してしまったことになるんです。
 今や人類はホモルーデンスの段階を越えてホモアンドロイデンスの段階に突入していると考えることもできるのでしょう・・・


 白木槿髪振り乱す巫女が好い   仁


 言葉あそびは巫女の自然へ


 > 黒髪の乱れも知らずうち臥せばまずかきやりし人ぞ恋しき   和泉式部


 愛する人への念いは一条ですね。
 営々と詠み継がれていく愛の歌があるのも人間の真面目なのでしょうね。この愛の真面目があるから、古来、十市皇女の悲恋があり、大津皇子の悲劇も生まれたのでしょう・・・権力闘争に明け暮れる王位継承の背後には愛の悲劇が隠されているのですね・・・。

 ホモルーデンスの無力な言葉遊びに耽っているのを至楽と思える心には、真面目の愛のドラマもありませんけれど、美しくHappyな愛の時空を遊泳することができるんですよ。
 この言葉あそびも昂じれば、煩悩の苦しみを強いられることにもなるのでしょうけれどね。

 西行という人はこの煩悩の果てに、自然自死往生という道を生きることができたのでしょう。煩悩の最中にあって、死んだ恋人が忘れられず、恋しさに骨を集めてアンドロイド恋人を創り、恋人の復活を念じたという話が残っているそうです。西行さんらしいですね。


 面影に黒髪を梳く合歓の花   仁


 一条ひとすじ指のなぞりし





★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★



★★★ 徒然575交心v13t062102『 巫女憑きの老骨に咲け合歓の花 』へどうぞ!!! ★★★
 


★★★ 優游575交心v13t061003『 息吸って山河も吸いぬ夏景色 』へどうぞ!!! ★★★




★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★


記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


ぼおたんのひとひらちるをもらいけり

2010/06/04 18:24



★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★



 花呼さんより、 『 真っ青な海の涼しき出雲崎 』 へ交心もらいました。
言葉の無手勝流で俳句を作っておられるそうです。
 無手勝流のままでいてほしいですね。



★★★ 『 真っ青な海の涼しき出雲崎 』 へどうぞ!!! ★★★
 



画像


★ そのまんま575で交心10t060302

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――

ぼおたんのひとひらちるをもらいけり

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――




 花呼さん、交心ありがとうございます。

 老仁は、まったくすごいすごいの朴念仁です。無知無才。救いがたい落ち零れ。
 ぼたんさんは自己流の無手勝流なんですか・・・老仁は、我が儘流の無手負けるが価値
派です。そうなんです、老仁も、何処にも習わず、戦わず・・・なんですよ。ですから、老仁も、駄作、邪道です。ぼたんさんそっくり賞もらえませんか。

 上等俳句もおすまし俳句も、人の作は感心もしますけれど、自分のはどうもうさんくさい。こさえものじみて楽しくないんです。落ち零れは落ち零れらしく、駄作が親しみがあって好きなんですよ。あるがまんまが愛おしい。
 落ち零れの暮らしをしていて、飯田蛇笏さんのような高潔の句は不似合いだし、作れもしません。四畳半菜園が暮らしの世界ですから、鄙の心しかないんです。鄙には鄙の四季があり、鄙には鄙のひなびがあります。ひなびた駄作じゃ誰も振り返りませんけれど・・・


 六月や鄙びのこころ安らけし   仁


 でも、花呼さんの駄作はハイセンスですね。
 花呼さんの邪道は雅です。
 鄙老仁には真似のできない文化の匂いがしています。
 天性のハイセンスなのでしょうね。

 花呼さんそっくり賞はもらえません。
 束の間の夢でした。


 それでも、花呼さんに鄙までおいでいただいて、交心までいただいて、Happyです。
 交心から生まれる心が、老仁は、好きなんですよ。
 交心から生まれる心をそのまんま575で詠むのが好きなんです。


 ぼおたんのひとひらちるをもらいけり   じん


 遠き空からぼたんの花びらひとつ、吹かれて、鄙の老仁にまで届いたのです。
 天の采配に感謝。
 花呼さんの情にありがとう。





★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★



★★★ そのまんま575で交心10t060305★『 カタバミを愛おしむ吾を愛おしむ 』 へどうぞ!!! ★★★




★★★ 『 えごの花笑んで菩薩となりにける 』 ★ 遊行俳句で交心10v052802 へどうぞ!!! ★★★




★★★ 『 今日の出来事、雑談、交流広場 10年06月 01日 』   ☆☆☆   “お目当て探し”人の波 ★ 自由市場「かげろう座」=五條市の新町通り ♪♪♪ 



★ 。・。・゜♪゜・。・。★ リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


蓮の露命呼と命交わしけり

2009/07/11 07:01
★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 星の子交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★



画像




☆ 星の子交心09s070902

――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――

蓮の露命呼と命かわしけり

――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――




 おはよう、花呼さん。
 ごてづくり菜園やっていたら、雨降り出したよ。
 一昨日三瀬峠へ水汲みに行って、まっちゃんで朝顔の苗2本買ってきていたので、入り口の塀に植えた。ひょろひょろ苗で、虚弱だけれど、育ちますように。
 虚弱なもの見ると自分を見ているようで愛おしんだよね・・・

 そうだよね、昨夜PCやっていたら、窓からやわらかい風が吹いてきたんだ。ふわふわと舞い込んでくる影があって、胸に留まったよ。ハグしたら、命呼になった。
 なでなでしたら、すやすや眠ったよ。
 いい夢見ているようだったよ。
 また、遊びに来てくれるんだって。
 仁も、Happy。


 花呼さん、仁の愛の歌、笑わないんだ!?
 幼稚な子どもの夢のような話だから、誰も、無視して通り過ぎていくんだよ。
 しばらく道草して遊んでいってくれる人もいるけれど、それっきりが多い。
 それでも、道草食ってくれる心が嬉しいけれどね。
 そして、そのくらいのおつき合いの方が気楽でいいかもね。

 もうこの世の仁は老朽化しているからね、金属疲労で、やっかいものなんだよ。
 だから、この世は、捨てた方が楽なんだ。
 この世は捨てても、命は燃えているからね、命の世界を遊ぶことにするよ。
 命の世界を遊んでいて、気がついたんだ。命は燃焼だって。
 何が燃えているのか、初めのうちはわからなかったけれど、燃えているものは愛だったんだよ。命って、愛の燃焼なんだ。
 この発見は、大きかった。

 三瀬峠に水を汲みに行ったとき、ちょっと回り道をして、
 徐福さんの記念館のある金竜公園の睡蓮を見に行ったんだ。
 道ばたに、大きな青虫が死んでいた。もう蟻さんたちが群がっている。青虫は風で落ちたんだろうか、いつだって死は訪れるんだね。秦の始皇帝は、だから、死をも支配しようとして、徐福さんに不老不死の薬を探し出せと命じたんだ。その不老不死の薬のある日本にやってきた。柳川から上陸したと奈良のコミュで聞いたよ。
 青虫は、不条理に命を失って、蟻の餌になるんだね。餌になることは元素に戻って他の生き物の中に戻ることなんだろう。不生不滅。
 無老死、無老死尽。
 青虫さんは蟻さんの餌になることが青虫さんの愛だったんだなぁと思ったよ。蟻さんもバクテリアさんの餌になって元素に戻るんだね。
 みんなみんな元素に戻って、別のものになっていくんだ。


 命つき命つながる蓮の花   仁


 そして幼稚な老仁は、自分が星の子なんだってことを知ったんだよ。
 青虫さんも蟻さんもバクテリアさんも、始皇帝さんも徐福さんもはてなさんも、みんな、同じ星の子なんだ。一期一会。出会って遊んだり、憎み合ったり、愛し合ったり、食ったり、食われたり、みんな愛の燃焼なんだね。
 この世では、愛にはじまり、愛に終わるんだね。
 星の数ほど愛は在り、星の数ほど愛は消えていく。銀河が生まれ、銀河が消えていくように。宇宙の愛時間からすれば、始皇帝さんの命の時間も青虫さんの命の時間も、同じ刹那なんだね。色即是空。

 刹那の命を、星の子として、楽しんで生きていく遊行の世界が、今、おもしろい。
 遊行の世界だから、命呼と遊ぶことができるんだね。

 花呼さんも、ときどき、星の子になって遊びに来てくれるから、
 老仁はHappyだよ。



 蓮の露命呼と命交わしけり   仁



★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 星の子交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


麦の秋今老旬の真っ直中

2009/06/03 21:19
画像



☆ そのまんま575で交心39201

――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――

麦の秋今老旬の真っ直中

――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――



 > 麦秋のまつ只中を八高線      楪


 面白い機関車のようですね。
 マニアがいっぱい。
 シニアのマニアははにかみやが多い、とふと思ってしまいました。


 麦の秋今老旬の真っ直中   仁



★★★
『 今日の575で交心 09年06月01日 』 駆け抜ける裸足の少女風薫る へどうぞ!!! ★★★




★。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★。・。・゜♪゜・。・。★





記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


散るさくらせつない今をせつないままに

2009/04/04 20:57

画像


★ 交心俳句33101



――▼△▼―――――――――――――――▼△▼――

散るさくらせつない今をせつないままに

――▼△▼―――――――――――――――▼△▼――




花呼さんより、コミュニティに 『 かたくりさん ありがとう 』 をいただきました。
 うれしい花便りです。


 ※ 
☆☆☆ 『 今日の俳句で交心 09年03月31日 』 乞いをすて自愛もすてて花に酔う ♭♭♭


 いよいよ春闌。
 みなさんのところの花便りも交心できますように。



★。・。・゜♪゜・。・。★ かたくりさん ありがとう ★。・。・゜♪゜・。・。★



 花呼さん、筑波山の二輪草さんの蕾に会ってきたのですね。
 高良山の登山道に一カ所、二輪草さんが咲いているところがあるんです。何度も何度も逢いにいきました。恋しい恋しい花。もう、三年くらいお逢いしていない。
 お寝坊片栗さんがもうお目覚めですね!

 二輪草さんと一緒の褥で育っているんだ。
 大地の恵みの豊かさですね。

 九州ではもうほとんどお目にかかれません。保護された野草園に残っているくらい。筑波山は片栗さんの群生もあるのでしょうね。生きて、生きて、生き抜いて、一度でいいからお目にかかりたいと願うのですけれど・・・。

 野の花は山野で見るべし、なのですけれど、二輪草さんは庭に植えていたんですよ。人にも分けてやるほど増えていたんですけれど、一昨年、庭を掘り起こして様変わりさせた時、根を残し損なって、去年は消えてしまったんです。ところが、今年、思わぬ所から、三本、芽を出してくれていたんですよ。うれしかった!
 花芽をつけてくれるかどうか、わくわくしながら、毎朝、挨拶するんです。

 プランター菜園が日課になって楽しいから、今年は山野草さんともおつき合いさせてもらいます。先日知人からサギソウをもらいました。まだ芽も出していませんけれど、育てることができるように心のエネルギーとあい風そそぎます。
 ちっごは温暖すぎるから、山野草さんには過酷なんです。
 野の花は山野で愛すべし、なのですけれど、やっぱりこの手で育てたい。やっぱり身近に遊んでほしい。少しだけの欲です。
 この欲、お許しくださいね。


 花と散る、はうつくしく散ることなのでしょうね。
 散るは自然の摂理で、新しい命の受胎なのです。
 一日一生。
 人の命も、一瞬一瞬が、花なのでしょう。
 一瞬一生。
 散らなければ、新しい自分は花になれない。
 今とここを大切に生きることが、
 花と散ることなのだと思います。
 散ることで、新しくなっていくのだと思います。


 散るさくらせつない今をせつないままに   仁





★。・。・゜♪゜・。・。★ 交心俳句 ★。・。・゜♪゜・。・。★




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


大臣も及ばぬ誉れ野の菫

2008/12/25 20:17

画像


★ 交心俳句23603

――▼△▼―――――――――――――――▼△▼――

大臣も及ばぬ誉れ野の菫

――▼△▼―――――――――――――――▼△▼――



 。。。 ≪ >実は、無知仁の、無神論者なんです。でも、イエスさんみたいに生きる人大好きです。仏さんみたいに生きる人大好きです。・・・

 無心論者からはこのような言葉は出ませぬ。
 何を信じる、信じないということではなくて、人間を超えた存在に畏敬の念をもつことが大切と思う私です。 ≫  花人さん 。。。


 花人さん、大きな心で包んでくださってありがとうございます。

 国家がないと政治が成り立たないように、
 教会がないと宗教も成り立たないのでしょうね。

 無知仁は、国家を信じないアナーキストなんです。
 けれど、民主主義は信じるんですよ。
 人民が権力を握るという意味の民主主義を、民の願いと平和を守る民主主義という意味に重ねたいと思います。


 仁は自分が無知で、小さいから、
 自分を超えた存在は、
 小さな虫でも、
 花でも、
 畏敬の念を持ちます。
 不思議で、すばらしいですね。

 はかなくて、うつくしいですね。

 野の菫さんのように、
 しずかに、ゆたかに、
 光に包まれて、
 生きていきたいと願います。


 大臣も及ばぬ誉れ野の菫



 ※ 写真は、冬菫さんです。

 三瀬峠へ水を汲みに行った時、麓の農家レストランでお昼を食べました。
 帰り際に、ちょっと気配があって、用水路近くの畑まで歩いたのですけれど、ちょっと荒れた畑の隅に咲いているこの菫さんにあったのでした。
 なんだかとてもHappyな心になりました。



★★★ 『 冬至の湯南瓜に愛語の夢架ける 』 へどうぞ!!! ♪♪♪





★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 俳句で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★



 愛呼今民なる吾の光となる


 民として目は見開いて愚仁は在る


 野の菫見れば愛呼を思え民



★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 瘋癲老仁妄句007 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★





記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


トップへ | みんなの「交心俳句」ブログ

花花花礼讃 交心俳句のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる