アクセスカウンタ

<<  2015年1月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


『 行く末はどこの迷宮月女山 』賢治さんをあそsz3003

2015/01/31 11:15


★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 賢治さんとあそぶ ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




画像





ランキングにご協力くださいね。


おもしろ写真 ブログランキングへ

 ありがとうございます。







★ 賢治さんとあそぶsz3003

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――


行く末はどこの迷宮月女山


――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――






 > 賢治歌592B 夜だか鳴き
 オリオンいでて
 あかつきも ちかく
 お伊勢の杜をすぎたり。



 森は物語を生みだす母胎なのかもしれません。
 賢治さんの<森>を検索収集したら面白いだろうと思いますけれど、もうそんな余白の時間もないので、好きな詩句だけ見つけだして遊ばせてもらいます。
 賢治さんは空想もぼくのように部屋の中でするのではなく、実際に足で歩いて見たもの感じたものを心象風景にすることが多いようです。



 それでも歌を読みはじめた動機も気になります。
 まだ何も知りませんので、そこら辺から興味好奇心を開いてみようかと念います。



 ちなみに賢治さんの一番早い時期の短歌を5つ採ってみました。
 1911年明治44年1月よりの短歌です。賢治さん15歳。4月に盛岡中学3年生になっています。
 1学期に独りで岩手山に登ったと記録にありますね。
 とにかく一人でよく歩き回ったようです。





賢治歌0001A み裾野は雲低く垂れすゞらんの白き花さきはなち駒あり
 

賢治歌0002A 這ひ松の青くつらなる山上のたひらにそらよいましらみゆく
 

賢治歌0003A さすらひの楽師は町のはづれにてまなこむなしくけしの茎噛む
 

賢治歌0004A 冬となりて梢ウレみな黒む山上に夕陽をあびて白き家建てり
 

賢治歌0005A ふしてありし丘にちらばる白き花そらのひかりに見し黎明よ



 0001は「裾野」「雲」「すゞらん」「はなち駒」の景が詠まれています。どれも景だけを読み込んでいますけれど、それでも雰囲気はもう賢治さんの遊泳する風景ですね・・・



 しばらく賢治さんの助走風景を遊んで楽しむことにします。



 併せて、良寛さんの風景とも重ねて遊ぶのも面白そうですね・・・
 常不軽菩薩さんが道標のようですからその根底には同じ心根が流れているのかもしれません。
 宝物探しのような言葉あそびですけれど、その内迷路に迷い込んで出口を失ってしまうかもしれません。迷宮が終の棲家だというのもわくわくするほど面白いですね。



 > 良寛歌1276 弥彦の森のかげ道ふみわけてわれ来にけらしそのかげ道を



 行く末はどこの迷宮月女山ゾヤマ   旅仁


 無漏路黄泉路の独り弥次喜多





☆ ご協力お願いします。


散文 ブログランキングへ

☆ ありがとうございます。








★ 賢治歌0001Asz30

――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――

み裾野は雲低く垂れすゞらんの白き花さきはなち駒あり

――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――






★ 。・。・゜♪゜・。・。★ つけ句あそび575交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★





★ つけ句あそび575交心sz2903

――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――

ガテガテとココロおどらせ蕗の薹

――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――






 > ほつほつと根元にいくつ蕗の薹   夢呼


 ここにあそこに森のせせらぎ   旅仁



 森歩きの醍醐味が感じられる春の息吹の中童心が溢れ湧いてきますね。
 都会にもそんな森の小径があるのですね・・・
 ぼくの田舎は田圃の畦道が広がるばかりの殺風景な所です。川はクリークでほとんど淀んでいます。翡翠も寄りつかない。
 それでも無風流も又風流と心を無邪気に遊ばせて朝歩きを楽しんではいますけれど・・・
 羨ましい森の小径を遊泳させてもらいました。



 ガテガテとココロおどらせ蕗の薹   旅仁


 星の草の芽光のこびと





☆☆☆ 夢呼さんの『 オオイヌノフグリ咲いてました 』 へどうぞ!!! ☆☆☆
 





★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




★★★ TAO交心sz0301『 スキンシップ遊行の花か春の夢 』 へどうぞ!!! ★★★
 



★★★ 良寛さんの詩を遊ぶzm0601『 返り花老いを知らずと嘯きぬ 』tm06 へどうぞ!!! ★★★
 



★★★ 林住期道楽交心tm0903『 宵の月心放てば木霊して不言の心甘露味わう 』 へどうぞ!!! ★★★





★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


『 大阿蘇の雪の枯れ野を月昇る 』交心俳句252−04zz1004

2015/01/11 19:35

★ 。・。・゜♪゜・。・。★ めぐり逢い良寛さん ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




画像





☆ ご協力お願いします。


写真俳句 ブログランキングへ

☆ ありがとうございます。







★ めぐり逢い良寛さんzz0803sz10

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――

大阿蘇の雪の枯れ野を月昇る

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――






 雪呼さんより、 『 風に載りガテガテパラガテ冬菫 』 に良寛さんの歌を寄せてもらいました。
 雪呼さん、いつもあい風ありがとうございます。






 朝から雪催いで、阿蘇は10センチの積雪と予報があったので、やっぱり黒川温泉へ氷柱を見に行ってきました。昨夜夜更かしをしてしまって、朝寝坊したので、そのまま阿蘇へ向かいました。そしてさっき帰宅したところです。
 返事が遅れてごめんなさい。



 0668 冬の空むすぶ柳のいとながく千年の春に逢ふを待たばや   良寛さん



 柳が雪割草さんの誕生記念樹だったのですね。
 柳に風。いい風情で、仁も柳が好きなんです。
 柳川も柳と川の街ですけれど、両方とも少なくなり、ずいぶん廃れました。廃れていく分、いっそう柳への思いが愛おしくもなっていきます。



 枯れ柳少年の夢今何処   仁


 見たのは夢かはたまた絶望



 そうですか。雪呼さんの柳は、台風で倒れたんですね。少女期の想い出がいっぱい詰まった柳だったのに。柳は挿し木ですぐ再生するんですよ。仁は子どもの頃何度も挿し木で、柳を育てたことがありました。大きくなるたびに、伐られてしまいましたけれど。庭が狭かったし、庭木には合わなかったんですね。小さな池があったので、その脇に植えていたんですけれどね。中学生の頃は、いろんな木を切ってきて、挿し木して、楽しんでいたんです。そんなこと想い出しました。
 雪呼さんは、初釜の結び柳を見て少女時代が蘇るんですね。


 少女時代を詠んでくださいね。
 雪呼さんにももう一度少女の夢が蘇りますように。



 芽柳に登り少女の天仰ぐ   仁


 彼方に光る青き昼星





 日向神を越えて小国へ出る予定にしていましたけれど、チェーン装備なしなので、さすがに用心して、菊池経由にしました。菊池渓谷に入る前にもう雪が降りはじめ、路面も昨夜の雪が残っています。山の樹木はうっすらと雪化粧です。
 阿蘇の樹氷を見るつもりでしたけれど、路面凍結を警戒して、外輪山をドライブしました。
 雪雲で寝釈迦さんも見えません。



 大阿蘇の雪の枯れ野の木立かな   仁


 樹下に待てるは吾に在らんか



 黒川温泉の氷柱は、まだ、三センチくらいにしかなっていませんでした。
 やっぱり二月にならないと大きな氷柱は下がらないそうです。
 夕日に煌めく大きな氷柱を露天風呂から眺めた時の感動を思って、もう一度その感動を味わいたいと願って来るのですけれど、二度目は、まだ、巡り会えません。



 夕方からは晴れるという予報を当てにして、ゆっくりしていたのですけれど、帰りはじめたら路面が凍結しはじめています。安全を期して菊池道路へ戻ることにしましたけれど、その入り口は雪に覆われて、車の通った形跡がもうありません。
 そのまま南の一宮へ降りて、阿蘇の麓の57号線を帰ることになりました。
 もう少しゆっくりしていたら、陸の孤島に閉じ込められて、車中泊になったかもしれない状況だったのです。



 大阿蘇の雪の枯れ野を月昇る   仁


 月に射られて身も凍てんとす





★ 良寛歌0668zz10

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――

冬の空むすぶ柳のいとながく千年の春に逢ふを待たばや

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――






★★★ 交心俳句251−01『 風に載りガテガテパラガテ冬菫 』 へどうぞ!!! ★★★







★ 散文 ブログランキングへ w110h31

☆ ご協力お願いします。


散文 ブログランキングへ

☆ ありがとうございます。








★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




★★★ 徒然575交心zz1104『 雪原の月に現を忘れけり 』sz06 へどうぞ!!! ★★★
 



★★★ 写真俳句tk2002『 弧ならずも案山子天見て立ち尽くす 』 へどうぞ!!! ★★★
 




★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★


記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


『 菜に触れて伝わるいのち寒さかな 』めぐり逢い良寛さんzz1402sz09

2015/01/09 20:04


★ 。・。・゜♪゜・。・。★ めぐり逢い良寛さん ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




画像







☆ ご協力お願いします。


写真俳句 ブログランキングへ

☆ ありがとうございます。







★ めぐり逢い良寛さんzz1402sz09

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――

菜に触れて伝わるいのち寒さかな

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――






 雪割草さんより、 『 雪国の雪の深さよただ驚嘆 』 に良寛さんの句を寄せてもらいました。
 雪割草さん、いつもあい風ありがとうございます。







 今朝も積雪が大変だったんですね。
 普通の日の倍も通勤時間がかかるのですね。それがこれからも続くことを思うと、ほんとうに苦労ですね。筑後でも、もうずいぶん以前の話ですけれど、10分の通勤時間の所を2時間かかって行ったことがありました。雪慣れしていないので、車の渋滞がすごく、動かなくなってしまったんです。今では、そんなに雪が降ることもなくなっていきますけれど・・・
 娘さん、早朝出勤大変ですね。
 何倍も疲れるでしょう。
 雪割草さんも、ご用心くださいね。



 朝まだき除雪の音の過ぎゆきぬ   仁


 真白き夜の間白き夜明け



 良寛俳句089 火もらひに橋越えてゆくさむさか



 連日の寒さの中で、頭巾を脱ぐのも面倒なくらい蹲っていたい良寛さんです。薪も炭も潤沢にはないでしょうし、達磨さんになったり、詩作に没頭していると、火が消えるのも気がつかないのかもしれません。
 火の気なしでは過ごせないでしょうから、火種をもらいに行くのでしょうね。
「橋越えてゆく」が一層寒さを震え上がらせるようです。
 川を越えて行くのですから随分遠くまで貰いに行くのでしょう・・・





 雪は降っていませんけれど、畑が気になって見に行きました。
 健気に菜葉を広げていますけれど、凍てついていました。寒かろう、冷たかろうと思って、菜を撫でると、命の音が脈々と伝わってくるようです。
 チューリップの木に触れると、氷柱のように冷たい。



 菜に触れて伝わるいのち寒さかな   仁


 互いに凌げと声かけ合うも



 菜に触れて伝ういのちやいざ凌げ   旅仁


 大地は殺され空には凶器



 良寛さんの寒さを思いながらも、部屋に戻って、暖をとりました。
 それでも良寛さんの時代には、まだ、自然の恵みは豊かで、大地力は涸れることもなかったのでした。
 この温さをありがたく思い、また軟弱を不甲斐なくも思います。



★★★ 『 雪国の雪の深さよただ驚嘆 』 ★ 交心俳句25501 へどうぞ!!! ★★★





 温暖な南国に居ると寒さへの耐久力がほとんどなくなっているのでしょうね・・・
 寒さに弱い人間は忍耐力も根性もふやけているのかもしれません。それでもどうにか生きていけるのですから・・・


 しかし南海トラフでも起これば、生き残ることさえ難しくなるでしょう。
 自給自足の備えもして、清貧に耐えて、小さく小さく生きる術も身につけておきたいと念じています。
 昨日はあの賢い鴉が大量に死んでいたというニュースが流れていました。ギャング集団の鴉にも飢餓状況がはじまっているのですね・・・



 冬異変天地不仁に随うか   旅仁


 備える知恵の標は在りや






★ 良寛俳句089zz14sz09

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――

火もらひに橋越えてゆくさむさか

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――








☆ ご協力お願いします。


散文 ブログランキングへ

☆ ありがとうございます。










★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 妄恋575 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★



雪の菜に触れて愛呼のせつなかり


雪の夜や自ずと愛呼添い来たり


帰り行く愛呼を照らす雪の月






★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




★★★ 徒然575交心zz1104『 雪原の月に現を忘れけり 』sz06 へどうぞ!!! ★★★
 



★★★ めぐり逢い良寛さんzbk0202『 狭き庭なれど愛語の冬の花 』tk15 へどうぞ!!! ★★★
 




★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


『 憂き夜には心に雪よ降り積もれ 』つけ句あそび575交心sz0702

2015/01/07 20:49


★ 。・。・゜♪゜・。・。★ つけ句あそび575交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




画像







☆ ご協力お願いします。


写真俳句 ブログランキングへ

☆ ありがとうございます。







★ つけ句あそび575交心sz0703

――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――

憂き夜には心に雪よ降り積もれ

――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――






☆☆☆ 夢呼さんの『 本年もよろしくお願いします。◇ 俳句練習帳 』 へのつけ句あそび交心です。 ★★★
 

 > 靄の湧く四方の山々初景色   夢呼


 悼みかかえて居なり逍遙   旅仁



 白銀の世界に靄がかかり天地の境もなく夢幻境に漂泊するようですね・・・
 温暖な筑後を出ない隠り老仁にはほんとうに幽玄の郷を観るようです。
 ここに住む人たちの労苦には計り知れないものを感じて、悠長な感慨など述べることもできないのですけれど・・・。ご寛容お願いします。
 今朝も雪下ろしで亡くなった人のニュースがあっていました。年間百人もの人が亡くなるそうです。ご冥福をお祈りするばかりです。



 憂き夜には心に雪よ降り積もれ   旅仁


 白虚に心翔ぶ夢念ず





 あけましておめでとうございます。
 色々の居成りの旅を遊泳させてもらいHappyでした。
 ことしもまたつけ句あそび交心楽しませてくださいね。
 よろしくお願いします。





☆ ご協力お願いします。


散文 ブログランキングへ

☆ ありがとうございます。





★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




★★★ 林住期道楽交心sz0602『 野に遊べ光のリズム蝶の舞 』 へどうぞ!!! ★★★
 



★★★ めぐり逢い良寛さんzbk0501『 あい風のしぐれをぬけて吹いてくる 』tk17 へどうぞ!!! ★★★
 




★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★


記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0


<<  2015年1月のブログ記事  >> 

トップへ

花花花礼讃 2015年1月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる